読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

phoque's word

鶴は千年、亀は万年、シーラカンスは二億年。

シーカヤックやってきたよ&弟が退院した

というわけで、5/14,21と放送大学の面接授業「シーカヤック概論」でシーカヤックを体験してきました。通常の面接授業の授業料のほかに8000円ほどかかるというものなのだけど(そのほかにもウォータースポーツ用のTシャツとか短パンとか買った)、まあお金以上のものはあったのではないかと。

昔むかし長良川カヌーイストミーティングというものがあってそのときにちょっと川のカヌーはやったことがあったんだけど、何しろ昔すぎて(たぶん四半世紀ほど前)、まあ実質的に初めてみたいなものだし、何よりその間に私は障碍者になったりして全然体動かすとかなかったし(まあ通勤だけで一日に3キロくらい歩いているんだけど)。

でまあ当日。5,6人の班に分かれてそれぞれに2人のインストラクターがつく感じでした。あ、インストラクターは日本リクリエーショナルカヌー協会公認のインストラクターで、横浜シーフレンズというNPOのみなさん。日本丸のところで定期的にシーカヤック体験教室やっているので、興味のあるひとは行ってみるといいと思います。

2日めはちょっとしたツーリングがあって、日本丸のところから象の鼻パークまで行ってかえってくるルートだったのだけど、帰りにちょっと船酔いしてしまいました。まあでもなんとかかんとか無事戻って、そのあと反省会と修了証の授与とかがあって。

で、会費1000円の懇親会があったのだけど。あたし自分があそこまでコミュ障だとは思わなかったわ。なんかもう全然他人の会話に入っていこうという気力がないの。楽しかったのにね。同じ班の人とも、なぜか先生にまでタメ口のおじさん(反省会でもエラそうなおじさん独特の独りよがりな長話をしてた)を除いてはそこそこ仲良くなってたと思うのにね。

まあそんなこんなですが、機会があったらまたやろうと思います。

 

で、今日ですが弟が退院しました。ひところはどうなることかと思っていたのだけど、というかまあなんか本人にあまり節制しようとか元気になろうとかいう意思がなかったりするのでこの先もよくわからないけど、とりあえず帰ってはきたようです(私は会社にいるのでよく知らない)

前の入院のときはまるまる半年くらい一人暮らしだったわけですが、今回は「隣に家が建って人が住んでる」せいか、いろいろ物音がしてそのたび不安だったしました。まあこれでいくらか安心できると思う。