phoque's word

鶴は千年、亀は万年、シーラカンスは二億年。

冰箱坏了·。

3月初めのある日のこと。弟に頼まれて冷蔵庫から紙パックのジュースを取り出したんだけど、なんか全然冷えてない感じがする。で、ちょっといろいろやってみたんだけど、どうやら冷蔵室が完全にお亡くなりになっていた。

まあ何しろこの冷蔵庫は平成元年に今住んでる家を建てたときに買ったものをずっと使っていたというシロモノで、霜とりがうまくいかないのか3~4年前から冷蔵室が水浸しになることがしばしば。それも最初のうちは湿気の多い時期年数回という感じだったのが、この1年くらいはずっと水がしたたっていて、下のほうに給水スポンジをおいてしのいでいた。なんでそんなに無理して使っていたのかというと、家建てたときにはまだ家具とかも少なかったしとなりが空き地だったりとかで窓から出し入れが可能だったのだけど、今は隣に家が建ってしまって窓は開けられず、部屋の中にものが多すぎて玄関から運び出すのもほとんど無理、みたいな感じだったんです。

とはいえ、本格的に全然冷えないという状態だと無理とか言っていられないので、とにかくなんとかして新しい冷蔵庫に買い替えなければなりません。幸いにも冷凍庫は無事だったので、冷蔵室には凍らせた保冷剤を入れてなんとか急場をしのいで、それから最初にやったのが、ゴミ屋敷のゴミや不用品を回収してくれる業者を呼んで、部屋にある不用品を片付けて冷蔵庫の通り道を作る算段。見積もりの結果、だいたい私の給料の1.5か月分くらいで、冷蔵庫も引き取ってくれる、ということでそこに依頼。次に、新しい冷蔵庫の選定。我が家は人間はあたしと弟の二人だからそんなに大きいのは必要ないと思う一方、二人とも病人なのである程度のストックが常に必要なわけで、結局470リットルの大きいやつに。しかし季節がよくないのか、ヨドバシドットコムとかアマゾンとかノジマオンラインとかいろいろ見ても、どこも納品が結構先になってしまう。そんなわけで結局、3/9(土)にヤマダ電機まで見に行くことに。

この時のスケジュール感では、3/16(土)にいるものといらないものを仕分けして、ゴミをある程度まとめて、3/17(日)に業者が来て引き取り、月曜の午前中くらいに冷蔵庫が届くのがベストという感じでした(これだとあたしが会社を休むのが1日ですむ)。

ヤマダ電機の人から話を聞いて、納期とかいろいろ考慮の結果、三菱電機のそれなりにちょっといいヤツに決めて、納品も月曜日の、12時~15時で確定。ところがここにきて、当初の不用品回収業者が日程を変更してくれとのこと。いやー冷蔵庫の納品日を再度設定すると次いつになるかわからないので(かなりスケジュールねじ込んだ)、別の業者に依頼することに。条件としては最初の業者とだいたい同じでやってもらえることにはなったんだけど。

で、3/16、この日たまたま私は午前中に病院に行く用事があったので、それを済ませてから、大量にあるアマゾンの段ボールとか大量にある雑誌とかをまとめたり、着ない衣類とかはかない靴とか使ってない傘とかをまとめたり、そういう作業をして、翌日の準備。

3/17、業者が来るのは昼くらいということだったので、それまでに冷蔵庫の中身を整理して、冷凍庫の中身を保冷剤を詰めた袋に移して、それから猫を避難というか隔離しなければならないのですが、4匹を私の部屋に運び、5匹をふろ場に閉じ込めたところで、残り2匹がどうしてもつかまらない。まあ極端に人見知りな2匹なので、知らない人が出入りしている間はたぶん人間の手の届かないところから出てこないだろう、ということで見切り発車で業者の来る時間を待ちます。で業者が来たのですが、冷蔵庫が思っていたよりも大きかったらしく(一応見積もりに来てみていたはずなのに)、「これだと全部は積めないかもしれない」「冷蔵庫は処分費用がかかるので、いっぱいまで積むとウチが足が出ちゃうのでその分少なくしか積めない」とか言い出す(おいおい)。結局全部は積めず、いくつかのゴミ袋といくつかの古新聞の束と猫にぼろぼろにされたタンスとが残りました。ただまあ冷蔵庫の搬入には支障がないのでとりあえずこれはこれでよいことに。

ところがこの後で問題が発生。2階のあたしの部屋に運び込んだ猫のうち1匹が、どうしてもつかまらない。あたしの部屋もカオスというか棚の奥のほうに人間の手が届かない場所があったりして、猫も普段はいらない場所なのでパニックに陥っていてなかなかつかまらなかったのだけど、それでもなんとか残り1匹まではなんとかなったのですが。(そして実は今日もまだ、その猫はあたしの部屋の手の届かない場所に入り込んでいる。餌と水とトイレは用意してあるので、あたしがいない間に出てきて食べたり飲んだり出したりしてるので大丈夫とは思うけど)

そして3/18、仕事休んで午後に冷蔵庫が届くのを待つ。冷蔵庫が届いて、設置して、電源入れて、でだいたい2時半ちょっとまわったくらい。本当は冷えてから入れてくださいと言われていたのだけど、私も4時には家を出ないといけないので、冷蔵庫の中身とか冷凍庫の中身とかをどんどん入れていって、それでやっとひと段落。

で、積み残されたゴミとかボロボロたんすとか新聞紙とかは、後日別の業者に引き取ってもらったんですが、これも最初は軽トラ1台積み放題1万いくら、っていうのでたのんだのに、ものを見て「これだと39,800円でないとできない」と言われて、結局またそれだけ払って、結局冷蔵庫の値段までいれるとあたしの給料の3か月分よりたくさんのお金が出て行ってしまったわけです。婚約指輪かよ。

今回の反省としては、不用品はため込まずコマメに捨てましょうということと、このテの処分業者の人の「見積もり」はかなりアテにならないということでした。