phoque's word

鶴は千年、亀は万年、シーラカンスは二億年。

眉毛の描き方

というわけで、迷走の果てにたどり着いた眉毛の描き方です。こんなもんを文章だけでなんとかしようというのは無理もいいとこなんだけど。

まず、私の場合、自眉は短めで、かつ眉頭から眉山までがほぼ水平、眉山から眉尻にかけて急角度でドロップしている。ので、眉山から眉尻側の自眉は無視します。(あとでここの処理について出てきます)

最初にペンシル(KATEの扁平芯のやつ)で、眉山から眉尻の上のラインを書きます。この時、このラインは上まぶたの目尻側の曲線と並行になるようにします。長さは、よく言われる「小鼻と目尻を結んだ線の延長」ではなく、「口角と目尻を結んだ線の延長」にしています(実際にはもうちょっと長め)。実際問題、小鼻と目尻を結んだ線の延長だと、ほとんどの人には長すぎると思います(よほど目が中心に寄っていて顔周りの余白が大きい人は別)。

次に、同じペンシルで、眉山の真下から、今ひいた眉尻までを結びます。眉山部分の眉の幅は、自眉より少し太目(多分8ミリくらい)。私は目と眉の間が広いのがコンプレックスなので、ちょっと下に太くする感じ。これで眉尻の輪郭がとれたので、あとは1センチくらいの長さの線でざっと埋めていきます。

それから、眉山の真下から、今度は眉頭に向かって、1センチくらいの線をつなぐ感じで眉の下の輪郭をとります。この時、自眉の眉頭よりも5、6ミリ下へ向かって直線的に引きます(これも目と眉の間を少しでも狭く見せるため)。左右の眉の高さが違う場合は、ここで調整します。

眉頭は、これもよく言われる「小鼻から真上に伸ばした位置」ではなく、鼻の穴の中心から真上に伸ばした位置を起点にします。だいたい数ミリ自眉より内側まで。眉頭は下から上へ1本1本描きます。

眉山から眉頭に向かっては、やはり1センチくらいの線をつなぐ感じでなめらかにつないでいきます。すこし上がり眉になるように、自眉の眉頭より少し下に向かって書きます。眉頭部分の太さはだいたい1センチくらい。上側はあまりはっきり輪郭という感じにはせず、目頭から眉山に向かって毛の流れが少し上向きになるように1本1本描いていきます。

眉山は、さっき書いた通りへんな筋肉のでっぱりがあるんですが、そこでカクっとならないように少し丸みのある山を作るように描いて、目頭側と目尻側の上のラインをつなぎます。

その後、アイブロウパウダー(これもKATE)の中間の色と薄い色をまぜて眉山から眉頭側へ乗せ、一番濃い色を眉山から眉尻へ乗せていきます。眉山が一番濃く、両側に行くにしたがって薄くつくような感じで。

それから、眉ブラシで一度毛流れを整えて、眉マスカラ(さらにこれもKATE)を最初は毛流れに逆らって、次に毛流れに沿うように塗ります。この時、眉頭の毛は上向きになるように毛流を整えます。

で、この大回だと自眉の眉尻とか眉頭の上の部分とかは、輪郭からはみ出しているわけですが、ここは抜いたり剃ったりしないで、ブリーチしたり目立つ長い毛はカットしますが、基本的には、コンシーラーで埋めます(あと輪郭線がどうも気に入らない時もコンシーラーで修正する)。

だいたいこんな感じで眉毛書いているんですが、正直時間かかります。ただ、シャープな眉毛が描けるとそれだけで全然顔立ち変わるので(読める人はfacebookにこの前載せた写真見てください)、他は手を抜いてもここだけは、という感じです。

あ、あと最後にもう1点。眉尻の高さは、眉頭の下端より下には絶対にならないようにします(眉尻を目立つほど高くする必要はない)。

 

漆についてのおぼえがき

1 金継ぎの本は何冊か出てるけど、パテとか代用金粉とかは食べ物が直に触れる場所にはつかうべきじゃないのに普通にそれで食器を継いじゃってる本もあるので注意。あと、アマゾンとかで売ってる1万円以下の金継ぎセットは、金粉が「消粉」や「金泥」だったりするんだけど、これって磨いてもあんまり光沢がでないので、見本みたいにきれいな金継ぎにするには、高くても金丸粉の入ってるセットにするか、あとは純金箔(ネイル用とか食用とかの少量で売ってるやつ)を貼った方がいいと思う。逆にいえば、蒔絵とかで口にふれないもの(茶托とかコースターとかアクセサリーとか)は代用金粉で十分だってことですね。

2 どうやら自分は漆に強いらしくていまのところかぶたことはないけど、漆が指とかについちゃった時にはサラダ油をコットンに含ませて拭うのがいいようです。

3 猫飼ってる家では、拭き漆以外のものは難しいというのが身に染みてわかった(かなり気を付けていても猫毛の微粉が降ってくる)ので、これからは風呂場で作業しようかと思う。

4 毎日コツコツやるのよりも、1回塗ったら乾くまで数日ほっとくというペースは、自分にはあっているようだ。いまのところは。

 

 

松茸ご飯

ツイッターでアンケートやってるんですけど、松茸ご飯に筍は許せるという人が多いようです。

うん、味だけで言えば、マズくなりようがないと思う。思うんですが、そもそも、松茸ご飯って、味うんぬんよりも「秋」を楽しむものだよね。年に1回の贅沢みたいな感じで。なんでせっかく秋の味覚として季節を楽しむのに、春の味覚を入れるのか。

(同様の理由で私は筍ご飯にキノコ類を入れません)

たとえば五目釜飯とか、鶏ごぼう釜飯なんかは、具がいろいろ入っていた方がおいしいですよね。それはわかります。でも、松茸と筍は、一緒にしないほうがいいんじゃないのかなあ。松茸は松茸だけ、筍は筍だけ(せいぜい+鶏肉+油揚げくらい)というのが、季節のものを楽しむための素材に対する礼儀みたいなものだと思ったりするのです。

(まあおいしければなんでもいい、というのももちろんアリだとは思うけど)

というわけで、今のところレトルトの松茸ご飯の元で筍入ってないのがみつかっていないので、あきらめて永谷園のお吸い物とエリンギでニセモノ作って食べようかと思います(生のマツタケ買う勇気はない)。

 

漆芸に手を出すことにした

いっこ前でレjン始めたって書いたんですが、まあとりあえずまだ飽きるところまではいってない。かといって、一通り買っちゃった材料とか使い切るまで飽きないような気が全くしない。なんだろう。技術的な困難さがほぼないので、やりがいいたいなものがいまいち感じられないんだよなあ。

まあ、技術的に難しさがないということはつまりセンスというか美意識の問題がものすごく重要になってきちゃうのだけど、youtubeに動画あげてる人のを見ても、オカンアートっぽい人と、フェイクジュエリーっぽくて素敵なの作る人と、確かにかわいくはあるんだけどこれ高評価するのって自分もレジンやってる人だけじゃない?という感じの人がいる。

で、最近ちょっとイラっとしてるのが、「スチームパンク風~~」というやつ。レジンの中に封入するパーツで、歯車というか時計の部品みたいなのがあるんですよ。で、それを使うのを「スチームパンク風」と呼んでいることなんですね。いや、たしかにスチームパンクって歯車関係なくはないけど、蒸気機関とかゼンマイとかのほうがメインなんじゃなかろうかと。機械式時計はスチームパンクなのか?みたいに突っ込みたくなってしまうわけ。

で、あいかわらず前置き長いですけどここから本題。かねてより「来世は(または「生まれ変わったら」蒔絵か螺鈿の職人さんになりたい」と公言しておりましたが、このたびついに漆に手を出すことにしました。(まだ金継ぎしかしてないけど)

今ちょっと中国語を休んでいて、靴下編むのもだいぶ飽きてきて(まだ編んでない糸が数千円分、良にして7,8足分はあるんだけど)、放送大学のほうもエキスパート1つ認証されたしなんとか卒業も見えてきたので(多分再来年くらいにはなんとか)、なにかやろうと思っていてレジン始めたりなんかしたけど、やっぱりコレジャナイ感が否めなかったので、どうせならいっそのこと来世といわず今世でやってみちゃいなよ、みたいな気分になってまいりました。で、とりあえず本買って、そういえば愛用のお茶碗がちょっと欠けているのを直したいなと思っていたので金継ぎセットを買って、いま絶賛漆硬化待ち中です。

いろいろ探してるんですけれど、横浜で蒔絵や螺鈿教えてくれるところは平日の昼間しかやってないところが多くて、金継ぎセットの発売元が金継ぎ体験教室を1回無料でやっているのだけどそれ御徒町だし、あたしがやりたいのは金継ぎじゃなくて蒔絵と螺鈿(と沈金)だし、という感じです。

まあぼちぼちやります。にしても、漆刷毛って超お値段高い。あと、我が家のような猫の毛満載のところでできるのかという問題が。

(家片づける方が先だよな、どう考えても)

UVレジンはじめました

もともと手芸と名のつくものには片っ端から手をだすタイプの人なので、またなにかはじめようと思っていたところで、UVレジンです。

そもそもは、Youtubeを見ていたらレジンアクセサリーの制作動画がたくさんあったのでひまにあかせてみていたわけですが(ものを作っている工程というのがものすごく好きなのです。なにしろ、「ザ・メイキング」が一番好きな番組だったりしてたくらいで)、その時に思ったこと。

「なんでこの人たち、こんなにものをたくさんいれたがるの?」

まあレジンクラフトって要するに型にレジンを流して硬化させるものなわけですが、硬化の際にいろんなものを一緒に固める(封入)わけです。で、その封入するものが、ラメとかパールとかビーズとかいろいろあるわけなんですが、動画をみていて気になったのは、なんかこれでもかとごちゃごちゃ封入する人の多いこと。センスよくちょっとだけ入れれば多分素敵なのに、ごちゃごちゃしすぎてオカンアート(これも死語?)感強めの人が多いなあと思ったのです。

で、ふと思ったのですが、UVレジンって、UVライトがあれば数分で固まるんですよね。だから、よほどの大物でない限り、作り始めたらその日のうちには完成する。つまり、「じっくり何かを作る」というよりは「ちゃっちゃっとやる」のが好きな人向け。ある程度道具や封入パーツがそろわないとできないから、「ありもので工夫する」人よりは「道具や材料を買い込んで形から入る」人向け。で、動画をアップしてる人の多くは、そこにさらに承認欲求強めの人が揃ってるのではないかと。

(他に、自作ナイフ作ってる人の動画なんかもみましたが、こちらのストイックさに比べると、「100均材料で作るナントカ」が大量に並ぶレジン動画は、ちょっと異様な世界です)

でもまあ、とりあえず興味もったので初めてみました。シンプルなピアスを作りましたが、まあまあ悪くないかなと。

これを人に配り始めるとちょっと困ったものだと思いますが。

(ここ数年で手を出したのって中国結びとかタティングレースとかソックニッティングとかシェットランドレースとかありますが、この中のどれよりも多分簡単なので、おそらくまたすぐ飽きるとは思う)

 

最近買ってよかったものなど。

えーさすがに化粧品買い過ぎでしょということで少し控えようと思っているのですがそれはさておき、最近買ってよかったものなど(化粧品に限りません)。

1 スカンツ 

 私基本的にスカートを全くはかない人なんですよ。喪服以外に一枚もスカートないのはさすがにまずいよなと思って去年2枚買いましたが、年に片手で数えるくらいしか着ない。なんですが、スカンツ。これ便利ですね。最初に買ったのは細かいプリーツが入った紺のやつでしたが、これがほぼスカートにしか見えない。2枚目はカーキで、フレアスカートっぽく見えなくもない感じ。もう1枚もうちょっと丈の長いやつを買ったらスカンツというよりワイドパンツ(つまりスカートに見えるわけではない)だったのだけど。

2 マスカラ下地

 相変わらずマスカラ難民を続けていましたが、メイクの先生もパーソナルカラー診断の先生もオススメだったKATEのマスカラ下地。これいいですね。結構長くなる(のだけど長すぎるということはない)し、きれいにセパレートしてくれる(その前に持っていたマジョリカマジョルカの繊維入りのマスカラ下地はものすごくダマになってヒジキ目につけてるみたいだった)。

3 美顔器

 ReFaのニセモノ。本物は3マンエン近くするのですが、これは1/10以下くらい。で、本物は微弱電流が流れるのでスマホ操作できたりするわけですが、ニセモノも同じことができます。で、これでフェイスラインを毎日ゴリゴリしてるわけですが、心なしか頬がリフトアップされてきた感じです。

4 リプトンの水出しアールグレイティーバック

 実は結構私の好みにあうリプトンのアールグレイ。Tea's Teaの水出しアールグレイwithオレンジピールも好きなんですが、リプトンのほうがあっさりしていて水替わりに飲むのにはよいです(紅茶は利尿作用があるので水替わりに飲むのはオススメしません念のため)。

5 ひとくちプッチンプリン

 普通サイズとか大きいサイズとかのプッチンプリンって、プリンミックスを冷やし固めた系の味とか食感だと思うのですが、このひとくちプッチンプリンは、焼きプリンとまではいかないものの、加熱して固めた感じのプリンです。これは本当においしいのでびっくりしました。ただしプッチンはできません。

6 クリニークのクレヨンリップ

 正式な名前は「チャビースティックモイスチャライジングリップカラーバーム」というのですが、まあ普通のクレヨンリップです。色はメガメロン。ちぷれの122番が自分にあう色なんですがちょっと優しすぎるというか肌色に近すぎるので、もうちょっと色味のある色がよいなと思って選んだのがこれ。デパコスとしてはそんなに高くないし。

7 無印良品のはがせるコットン

 これはいいです。これまでドラッグストアで買った5枚にはがせるやつをつかっていたのだけど、サイズが小さい。大きい方でもちょっと小さい。でも無印のは、1枚分すくない4枚にはがせるタイプですけど、大きさがかなり大きい(ドラッグストアの小さい方の2枚分近くある)。それに、値段も安い。最近またクリニークのふきとり化粧水に回帰したりしてるんで、これ本当に重宝してます。

8 ガラスの爪みがき

 nude nail glass shinerとかいうやつ。ガラス製の爪ヤスリっぽいものなんですが、これが普通の爪ヤスリみたいに爪の形を整えるのにももちろん使えますが、爪の表面をこすると、爪磨きで磨いたみたいにピカピカのツヤツヤになります。特に、私の爪は縦皺がしつこくて普通の爪磨きだと皺がのこったままツヤがある感じにしかならないのですが、これで磨いたら、縦皺が完全になくなって本当のピカピカのツヤツヤになりました。まあ表面削ってるんだろうとは思うので頻繁に磨いたら爪薄くなってしまいそうですが、ツヤがすごく長持ちするんですよこれがまた。普通の爪磨きだと食器洗ったりしたらもう曇り始めて3日ももたないのが、これ時々セームでこするくらいで1週間は余裕で持ちます。いったいどういう原理でただのヤスリなのにここまでツヤツヤピカピカになるのか謎ではありますが。なんか1年くらいしか持たないらしいですけど1年持てば十分かなと(普通の爪磨きだと頻繁に磨かなきゃならないので1か月ももたない)。

 

そんな感じです。

 

 

メイクレッスンが終了した。

というわけで、3回コースが終わりました。

1回目がスキンケアとマッサージ、ベースメイクまで。

2回目が眉毛とチークとハイライト

3回目が眉毛含むアイメイクと、最後ちょっとリップ

という感じでした。

まあ楽しかったです。とりあえず眉毛は結構うまく書けるようになってきたと思います。チークの入れ方とかもわかってきました。

で、当然継続を勧められたのですが、それはとりあえずペンディング(事実上のお断り)にしました。

うん、すごく楽しかったんですよ。でもね、やっぱり高い(1回あたり90分でほぼ2万)。あと、もうちょっと他のところのやり方も知りたいと思うのもある。

 

そういえば中国語スカイプレッスンもお休みしているので、これでちょっとヒマができるので、また別のなにかを初めてみようかな、と。今度こそアイスランド語

(ちなみにお菓子と編み物とパッチワークは独学でそこそこできるようになったのでそっち系をやるつもりはあんまりない)