phoque's word

鶴は千年、亀は万年、シーラカンスは二億年。

冰箱坏了·。

3月初めのある日のこと。弟に頼まれて冷蔵庫から紙パックのジュースを取り出したんだけど、なんか全然冷えてない感じがする。で、ちょっといろいろやってみたんだけど、どうやら冷蔵室が完全にお亡くなりになっていた。

まあ何しろこの冷蔵庫は平成元年に今住んでる家を建てたときに買ったものをずっと使っていたというシロモノで、霜とりがうまくいかないのか3~4年前から冷蔵室が水浸しになることがしばしば。それも最初のうちは湿気の多い時期年数回という感じだったのが、この1年くらいはずっと水がしたたっていて、下のほうに給水スポンジをおいてしのいでいた。なんでそんなに無理して使っていたのかというと、家建てたときにはまだ家具とかも少なかったしとなりが空き地だったりとかで窓から出し入れが可能だったのだけど、今は隣に家が建ってしまって窓は開けられず、部屋の中にものが多すぎて玄関から運び出すのもほとんど無理、みたいな感じだったんです。

とはいえ、本格的に全然冷えないという状態だと無理とか言っていられないので、とにかくなんとかして新しい冷蔵庫に買い替えなければなりません。幸いにも冷凍庫は無事だったので、冷蔵室には凍らせた保冷剤を入れてなんとか急場をしのいで、それから最初にやったのが、ゴミ屋敷のゴミや不用品を回収してくれる業者を呼んで、部屋にある不用品を片付けて冷蔵庫の通り道を作る算段。見積もりの結果、だいたい私の給料の1.5か月分くらいで、冷蔵庫も引き取ってくれる、ということでそこに依頼。次に、新しい冷蔵庫の選定。我が家は人間はあたしと弟の二人だからそんなに大きいのは必要ないと思う一方、二人とも病人なのである程度のストックが常に必要なわけで、結局470リットルの大きいやつに。しかし季節がよくないのか、ヨドバシドットコムとかアマゾンとかノジマオンラインとかいろいろ見ても、どこも納品が結構先になってしまう。そんなわけで結局、3/9(土)にヤマダ電機まで見に行くことに。

この時のスケジュール感では、3/16(土)にいるものといらないものを仕分けして、ゴミをある程度まとめて、3/17(日)に業者が来て引き取り、月曜の午前中くらいに冷蔵庫が届くのがベストという感じでした(これだとあたしが会社を休むのが1日ですむ)。

ヤマダ電機の人から話を聞いて、納期とかいろいろ考慮の結果、三菱電機のそれなりにちょっといいヤツに決めて、納品も月曜日の、12時~15時で確定。ところがここにきて、当初の不用品回収業者が日程を変更してくれとのこと。いやー冷蔵庫の納品日を再度設定すると次いつになるかわからないので(かなりスケジュールねじ込んだ)、別の業者に依頼することに。条件としては最初の業者とだいたい同じでやってもらえることにはなったんだけど。

で、3/16、この日たまたま私は午前中に病院に行く用事があったので、それを済ませてから、大量にあるアマゾンの段ボールとか大量にある雑誌とかをまとめたり、着ない衣類とかはかない靴とか使ってない傘とかをまとめたり、そういう作業をして、翌日の準備。

3/17、業者が来るのは昼くらいということだったので、それまでに冷蔵庫の中身を整理して、冷凍庫の中身を保冷剤を詰めた袋に移して、それから猫を避難というか隔離しなければならないのですが、4匹を私の部屋に運び、5匹をふろ場に閉じ込めたところで、残り2匹がどうしてもつかまらない。まあ極端に人見知りな2匹なので、知らない人が出入りしている間はたぶん人間の手の届かないところから出てこないだろう、ということで見切り発車で業者の来る時間を待ちます。で業者が来たのですが、冷蔵庫が思っていたよりも大きかったらしく(一応見積もりに来てみていたはずなのに)、「これだと全部は積めないかもしれない」「冷蔵庫は処分費用がかかるので、いっぱいまで積むとウチが足が出ちゃうのでその分少なくしか積めない」とか言い出す(おいおい)。結局全部は積めず、いくつかのゴミ袋といくつかの古新聞の束と猫にぼろぼろにされたタンスとが残りました。ただまあ冷蔵庫の搬入には支障がないのでとりあえずこれはこれでよいことに。

ところがこの後で問題が発生。2階のあたしの部屋に運び込んだ猫のうち1匹が、どうしてもつかまらない。あたしの部屋もカオスというか棚の奥のほうに人間の手が届かない場所があったりして、猫も普段はいらない場所なのでパニックに陥っていてなかなかつかまらなかったのだけど、それでもなんとか残り1匹まではなんとかなったのですが。(そして実は今日もまだ、その猫はあたしの部屋の手の届かない場所に入り込んでいる。餌と水とトイレは用意してあるので、あたしがいない間に出てきて食べたり飲んだり出したりしてるので大丈夫とは思うけど)

そして3/18、仕事休んで午後に冷蔵庫が届くのを待つ。冷蔵庫が届いて、設置して、電源入れて、でだいたい2時半ちょっとまわったくらい。本当は冷えてから入れてくださいと言われていたのだけど、私も4時には家を出ないといけないので、冷蔵庫の中身とか冷凍庫の中身とかをどんどん入れていって、それでやっとひと段落。

で、積み残されたゴミとかボロボロたんすとか新聞紙とかは、後日別の業者に引き取ってもらったんですが、これも最初は軽トラ1台積み放題1万いくら、っていうのでたのんだのに、ものを見て「これだと39,800円でないとできない」と言われて、結局またそれだけ払って、結局冷蔵庫の値段までいれるとあたしの給料の3か月分よりたくさんのお金が出て行ってしまったわけです。婚約指輪かよ。

今回の反省としては、不用品はため込まずコマメに捨てましょうということと、このテの処分業者の人の「見積もり」はかなりアテにならないということでした。

 

延ギ攻略はじまった

というわけで久々の清朝後宮ドラマ、というか、ひさびさの于正さんのぶつけてきた系ドラマ。

(步步惊心·に宮鎖心珠、甄嬛传に宮鎖珠簾、という系列での如懿传に対してのこれ、という感じかなと勝手に思ってます)

いや、なんというか、しばらく見てない間に于正さん作風変わった?なんか衣装なんかも豪華さは感じるもののそれほど派手でないというか絵面の安っぽさがだいぶ少ない感じがする。

ストーリーのほうは、まだわかりませんけどね2話までじゃ。個人的には高貴妃がすごく魅力的なキャラだと思いますけど。

弾丸ツアーについて考えている。

自分が旅行できる条件って、かなり厳しい。

① 金曜日の夜10時半に横浜で透析が終わる。

② 月曜日の午後6時には横浜で透析を受ける。

である。もちろん旅行先で透析が受けられる場合もあるのだけれど、自分がいろいろとめんどくさいので、なるべくなら上記①②の間に行って帰ってくるようにしたい。

 

近場の海外だと、台湾とか上海とかはギリ日帰りも可能。北京もなんとか可。ユジノサハリンスクはちょっと難しい。

とかを考えている。

今年買ってよかったもの2018

1 無印良品 全面三層両手鍋(深型)
小型の寸胴鍋というか、シャトルシェフの内鍋っぽいというか、まあそんな感じの鍋。容量のわりに口径が小さいので、煮込むときに蒸発が少ないのではないかな。無水鍋みたいな蓋ではないので、ビリヤニの時は小麦粉こねて蓋密閉してますが。

2 クリニーク チャビイスティック スカルプティングハイライト
わりとマットな化粧が好きなんですが、それでもつやがないとホントに粉っぽくなっちゃうのであれこれハイライトはためしてました。ルナソルのスティックのハイライトも持ってるのですけど、あれって脂塗ってるって感じになっちゃうんですよね。パウダーのハイライトでは明るくはなってもつや感が出ないし。そこで試してみたのがこれ。いやこれすごくいいですよ。適度なつや玉が出現します。

3 タブレットスタンド
Fire タブレットがほぼyoutube専用端末となっているのですが、寝ながら見るにはちょっと手がつかれるので買ってしまいました。いやーこれ楽だわ。

4 Fire HD8
というわけで、弟からもらった古いFire7をずっと使っていたわけですが、この前のプライムデーでFire HD8がすごく安くなってたので買ってしまいました。まあちょっと大きくなっただけですけど。ちなみに、Fireタブレットyoutubeを見ると一切広告が入らないという謎仕様なので、すっかりFireでしかyoutubeを見られないからだになっています。

 5 アメリカンクッキーピーナツバター
食べ物系だとこれ。成城石井に売っている4枚入りで500円近くするものですが、1枚が大きい(たぶん直径7~8センチで厚さは1センチ以上ある)ので満足感たっぷり。昔透析受けていた病院で昼食(昔は透析中は食事が保険で出てたんですよ)のおまけ(たぶんカロリー補充のため)についていたピーナツバタークッキーがあって、給食業者が変わってからはなくなったのですが、その味がとてもおいしくて忘れられなくて、同じようなものがないかと探し続けて20年、やっと見つけたのがこれでした。ホントおいしい。

とりあえずこんな感じですかね。

さすらうビリヤニ

よく買い物に行く湘南台業務スーパーの向かい側、昔焼き鳥やさんとか魚屋さんとかがあったところにインドカレー屋さんができていました。一度行ってみたいと思っていたのでとある夏の暑い日に買い物のついてで入ってみて、メニューにビリヤニがあるのでラムビリヤニを頼んでみました。出てきたのは、カレー味のチャーハンでした。一応お米は長粒米だったのだけど、たぶんタイ米?バスマティ米ではなかったようです。具の羊肉も少なかったし、メニューには「ビリヤニにはヨーグルトサラダが付きます(希望により野菜サラダに変更可)」とあったのに何も言わずに野菜サラダ出てきたし。もしかしたらカレーはおいしいのかもしれませんが、結構がっかりして当分行く気にはなれません。

何週間か後、もう1件湘南台に私の知らないインドカレー屋さんができていて、しかも口コミでは結構評判がよさそうなので行ってみました。なかなか地元の人でにぎわってる感じで機体していたのですが、頼んだマトンビリヤニ、やっぱり来たのはカレー味のチャーハンでした。カレー味の謎スープと、よくあるインドカレー屋さんのサラダと、小鉢の豆カレーがついてきて、結構お値段もよろしかったのですが。これで湘南台では2連敗。

会社の近くに、北インド料理の巨匠の店というふれこみのお店があります。ここ、最近料理人が変わったのか、カレーの味がおいしくなったんですね(特にポークカレー)。で、ここのメニューにもビリヤニがあって、メニューには「インドのスパイシーな炊き込みご飯」と書いてあるので期待して、会社の帰りにマトンビリヤニのテイクアウトをお願いしました。が、残念ながら炒める音が。半分がっかりして家まで帰ったのですが、家帰って食べようとしたら、まず量が多い。1490円と結構なお値段だったのですが、どう考えても2人前より多い。多分3人前くらいある。しかも結構大きな羊肉がごろごろ。味も、単なるカレーチャーハンではないスパイシーさ。まあ炒めてるから油っぽさはあるんですが、それでも2連敗の後としては逆転タイムリーくらいの感じではありました。

品川駅のエキナカにあるインド料理やさん、炊き込みビリヤニを出しているというのはネットで読んで知っていたので、行ってみることにしました。ちなみに品川駅から徒歩5~6分のところにもインド料理店があってそこも本格的なビリヤニを出しているお店らしいのですが、今回はとりあえずエキナカに行くということで。で、ラムビリヤニをテイクアウトしたのですが、いやー量が少ない。お値段900円くらいだったのですが、北インド巨匠に比べて1/3というか1/4くらいの感じ。味は、うん、正直に書くと、自分の作ったビリヤニとだいたい同じ感じだった(というか、自分のビリヤニが実は結構レベル高かったのか?とか思った)。

というわけで、おいしいビリヤニを探す旅はまだ続きます。

牛骨

ちょっと前に横浜駅でお昼ご飯を食べようと思っていたのですよ。散々悩んだ挙句、ヨドバシの地下で牛骨素麺というものを食べたのですが。

うーん。あたしが期待していた牛骨スープは、蘭州ラーメンのような澄んだスープだったのですね。なんですが、出てきたのはとんこつラーメンのスープのような白濁系でした。

いや、白濁系食べたかったら最初からとんこつラーメンのお店行くからっ!